【 上宮学園創立130周年記念事業 】

【 上宮学園創立130周年記念事業 募金のお願い 】

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。日ごろから本学園の教育活動にご支援・ご協力を賜り、誠に厚く御礼申し上げます。

さて、上宮学園は、明治23年にその前身である浄土宗大阪大教会支校として創立されました。爾来、浄土宗を開かれた法然上人を学校祖と仰ぎ、学校祖法然上人の教えに基づく全人教育に推進してまいりました。現在では、天王寺キャンパス(上宮学園中学校(※1)・上宮高等学校)と、太子キャンパス(上宮太子中学校(※2)・上宮太子高等学校)にて教育活動を行っております。

このような中、来る2020年に創立130周年を迎えるにあたり、その記念事業の一環として、天王寺キャンパスにおいては、新校舎を建設します(※3)。また、太子キャンパスにおいては、教育環境向上のための施設設備の拡充を行います。この創立130周年を契機に、生徒が学業・課外活動に専念できる環境を整備し、更なる教育活動の充実を図ってまいります。

つきましては、諸事ご多端の折、誠に恐縮に存じますが、本学園の教育理念とそれを実現しようとする私どもの念願を深くご理解いただきまして、なにとぞ募金のご協力を賜りますよう心よりお願い申しあげます。

敬具

平成30年4月1日

学校法人 上宮学園

理事長 田中裕史

※1 上宮中学校と上宮太子中学校は統合し、2018年4月より上宮学園中学校となります。

※2 上宮太子中学校は、上宮中学校と統合して上宮学園中学校となりますが在校生が卒業する2020年3月末までは存続します。

※3 現在の南グラウンドに新校舎を建設し、既存の7号館(平成24年竣工)と連接します。現在ある校舎棟のうち1号館(昭和4年竣工)、2号館・3号館(いずれも昭和14年竣工)、5号館(昭和38年竣工)を解体撤去し、グラウンドとします。総合体育館(昭和56年竣工)、4号館(昭和14年竣工)、6号館(昭和59年竣工)を耐震改修補強し、主に体育施設とします。

【 上宮学園建学の精神 】

上宮学園は浄土宗を母体とし、法然上人の仏教精神を教育理念の根底におき、知育・徳育・体育のバランスのとれた全人教育を目標に「上宮教育」を推進し、実践する学校です。
校訓「正思明行」は、中学生・高校生として生徒一人ひとりが、人間としてあるべき生き方と真理を探究する正しい心の眼と思いを持ち、理想を求めて主体的に行動することを説いています。
また、学順「一.掃除・二.勤行・三.学問」とは、校訓を実現させるための具体的な行動を示しています。
掃除とは、文字通り身辺の環境美化を意図するとともに、学ぶ心の準備を意味します。勤行とは、勤勉実行を意味します。それは、一生を通して求められる生活の行動指針であり、学校生活では学業や課外活動にも規範意識を持って精進努力することであり、社会人となれば強い勤労意欲を持つことであります。学問は、勤行から得られる知識と健康な心身を土台として、未知への探究心や自らの疑問を解決する能力としての智恵を養うことであります。
すなわち、先ず心を清めて素直な心がけを第一として、次に己が身の力の限り努力して勉学に勤しめば、学問は自ずと身に備わり、その真価を発揮できることを示しています。

【 寄付金募集要項 】

1.名称

上宮学園創立130周年記念事業募金

2.募金目標額

2億円

3.使途

<上宮高等学校・上宮学園中学校>
耐震改修に伴う整備事業として、現在の南グラウンドに新校舎を建設し、7号館と連接します。
また、現在ある校舎棟のうち、1号館・2号館・3号館・5号館を解体し、新たにグラウンドとして活用します。
さらには、総合体育館・4号館・6号館を改修し、主に体育施設として活用します。

<上宮太子高等学校・上宮太子中学校>

特別教室・体育館設備の充実等、教育環境向上のための施設設備の改善を目指し、在校生が快適な学校生活のなかで、一層勉学に精進できる環境整備を推進します。

4.募集期間

2018年3月~2020年3月まで

5.募集対象

任意ですが本事業に賛同頂ける在校生保護者・教職員・卒業生(同窓生)・学園関係者・寺院並びに個人及び法人

6.募金の種類

個人募金  1口1万円 ※1万円未満のご寄付もありがたく頂戴いたします。

法人募金  口数に限らず、ご協力をお願いいたします。

7.申込方法

次のいずれかの方法により、ご寄付いただくことが可能です。

①インターネットによるお申し込み(個人のみ)

パソコン・携帯電話・スマートフォンなどからアクセスし、クレジットカード・コンビニ決済・Pay-easyのいずれかの決済方法によりご寄付いただけます。

◎クレジットカード決済

*注意事項

・ご利用は寄付者ご本人名義のクレジットカードに限ります。

・お支払方法は1回のみとなります。

・寄付金は、通常のクレジットカード利用と同様に口座引落となります。

・口座引落日については、各クレジットカード会社より送付されるご利用明細でご確認ください。

・決済手続完了後の取消・変更・返金等は一切お受けできません。

◎コンビニ決済

*注意事項

・払込期限内に払込手続をされなかった場合、お申込は自動的にキャンセルとなりますのでご注意ください。

・決済手続完了後の取消・変更・返金等は一切お受けできません。

◎Pay-easy決済

*注意事項

・インターネットバンキングの操作方法は各金融機関により異なります。

ご不明な場合は、各金融機関へお問い合わせください。

・払込期限内に払込手続をされなかった場合、お申込は自動的にキャンセルとなりますのでご注意ください。

・決済手続完了後の取消・変更・返金等は一切お受けできません。

インターネットによるお申込みについては、寄付の決済を委託しております株式会社F-REGIのサイトを利用してのお手続きとなります。

②金融機関からのお振込(個人及び法人)

振込用紙を利用して、銀行または郵便局にてお振込いただく方法です。

 

専用振込用紙でのお支払い

専用振込用紙をご希望の方は、寄付申込書兼振込用紙送付依頼書を学校法人上宮学園 会計係寄付金担当までご送付ください。

三菱東京UFJ銀行各支店窓口(ATM不可)又は郵便局であれば、振込手数料は無料です。

なお、その他の銀行からのお振込みの場合は、所定の手数料をご負担いただくことになりますのでご了承ください。

 

※法人からのご寄付について

法人様からのご寄付については、上記の「寄付申込書兼振込用紙送付依頼書」の他に受配者指定寄付金申込の指定の「寄付申込書」がございます。

「寄付申込書兼振込用紙送付依頼書」・「寄付申込書」の2通を会計係寄付金担当までご送付ください。

受配者指定寄付金につきましては、下記8.税制上の優遇措置をご覧ください。

8.税制上の優遇措置

 

学校法人上宮学園へのご寄付は税制上の優遇措置を受けることができます。

優遇措置は個人の方、法人の方によって内容が異なります。

・個人の方

(1)所得税の控除

学校法人上宮学園への寄付金は、文部科学大臣より寄付金控除の対象となる証明を受けています。

寄付金控除には①税額控除と②所得控除の2種類があり、いずれか有利な方を選んで確定申告をしていただきます。

多くの場合には、①税額控除の方が減税効果が大きくなりますが、所得金額に比べて寄付金額が多い場合は②所得控除の方が減税効果が大きくなる場合があります。

 

税額控除

寄付金額から2千円を引いた額の40%が税額控除対象額となります。税率に関係なく所得税額から控除されるため、ほとんどのご寄付について、所得控除より減税効果が大きくなります。

 

所得控除

所得控除を行った後に税率を掛け、所得税額を算出します。所得金額に比べて寄付金額が大きい場合には税額控除より減税効果が大きくなります。

 

(2)寄付金控除の手続き

ご寄付をされた翌年の所定の期間に、住所地を管轄する税務署にて確定申告を行ってください。

確定申告の際に必要となる「寄付金領収書」・「特定公益増進法人であることの証明書(写)」・「税額控除に係る証明書(写)」は寄付金のご入金を確認次第お送りいたします。

 

(3)その他

源泉徴収だけでは寄付金控除を受けることはできません。寄付金控除を受ける場合は必ず確定申告を行ってください。

寄付金をお振込の際、お手元に残る払込票等の控えは大切に保管してください。

「領収書」の宛先は、寄付金申込書に記載されたお名前とさせていただきます。

確定申告等の詳細は、最寄りの税務署にお問合せください。

※2千円以下の寄付金および学園設置学校に入学された方の入学年内の寄付金は寄付金控除の対象とはなりませんのでご注意ください。

※税法は変更されることがありますので、国税庁のホームページをご確認ください。

・法人の方

法人の皆様から本学へのご寄付は、受配者指定寄付金制度を利用することにより、寄付金全額が事業年度の損金に算入できます。

◎受配者指定寄付金

日本私立学校振興・共済事業団(以下「事業団という」を通じて、寄付者が指定した学校法人に寄付していただく制度で、寄付金金額を当該事業年度の損金に算入できます。

※受配者指定寄付金制度のご利用をお考えの法人様は、学校法人上宮学園 寄付金担当までご相談ください。

9.領収書の発行について

インターネット申込をご利用の場合、寄付金が決済代行会社(株式会社F-REGI)から本学園に入金されるまでに約1~2ヶ月、領収書の発行までに2~3か月程度を要します。また、領収書の日付はお申込日ではなく、本学園に入金された日付となります。

法人の方は、追って事業団発行の「寄付金受領書」を送付します。

ご入金後、約1~2ヶ月かかります。

そのため、10月以降にお申込いただいた場合、領収書の発行日および寄付金控除の対象が翌年になる可能性がございますので、予めご了承ください。
*個人の方で10月以降のお申込みで、その年の寄付金控除をご希望の場合は、金融機関からのお振込みをご利用ください。

法人の方は損金処理を当該決算期日に間違いなく行うためには少なくとも決算日の2ヶ月前までにお振込くださるようお願いします。

10.個人情報について

お申込みに際してご記入いただいた皆様の氏名、住所及びその他の個人情報については、学校法人上宮学園の寄付金に係る事務のみに使用いたします。
個人情報は個人情報保護法及び関係法令に基づき適正に管理いたします。

11.浄土宗功績点について

今回の記念事業募金に関して、浄土宗僧侶の方にはご寄付に応じた所定の功績点をお取扱いいただけることとなりました。

12.ご芳名の公表

払込手続きに基づいて芳名録、同窓会誌等に公表させていただきます。

なお、ご希望により匿名でのお取り扱いもいたします。

13.寄付者の顕彰

上記芳名録に基づき、個人10万円以上、法人50万円以上のご寄付を賜りました方々には、学園校舎内に「上宮学園創立130周年記念事業寄付者銘板」を設置し、ご芳名を末永く顕彰させていただきます。

14.寄付者の表彰

上記芳名録に基づき、個人50万円以上、法人300万円以上のご寄付を賜りました方々には、「上宮学園創立130周年記念式典」において表彰させていただきます。

<お問い合わせ>

学校法人 上宮学園  事務局 会計係 寄付金担当

〒543-0037

大阪府大阪市天王寺区上之宮町3番16号

TEL 06-6771-5701(平日9:00~17:00)

FAX 06-6771-4678

E-mail satou@uenomiya.ed.jp